Illumina社がPacific Biosciences社を買収

Illumina社がPacific Biosciences社を買収することに両社が合意したとのこと。買収額はおおよそ12億ドル(約1350億円)。

解説

illumina社のショートリードシーケンサーは、ゲノム解析の低コスト化に成功し、遺伝子解析市場で圧倒的なシェアを占めている。しかしながら、ショートリードシーケンサーには、do novoアセンブリや繰り返し配列の同定が苦手であるという欠点がある。一方で、PacBio社が開発したロングリードシーケンサーは、リード長が平均10kb以上と圧倒的に長く、illumina社のショートリードシーケンサーの欠点を克服するものであった。ただし、PacBio社のロングリードシーケンサーはillumina社のショートリードシーケンサーと比べ、コストが高く、ショートリードシーケンサーを置き換えるまでには至らなかった。最近では、より低コストなロングリードシーケンサーがNanopore社より発売されたこともあり、PacBio社のロングリードシーケンサーが第一選択肢になる場面はかなり限られてきた。PacBio社はこの状況に焦りを感じていたことが想像される。また、illumina社もショートリードシーケンサーの欠点を補完するロングリードシーケンサーが必要であったと考えられる。illumina社とPacBio社の双方の利害が一致して、今回の買収につながったのだろう。

参考

illumina社プレスリリース
DNA解読の米イルミナ、競合PacBioを12億ドルで買収へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です